奈良仏師 折上稔史の日記。作品紹介、教室案内、展覧会の案内等

【薬師寺休ケ岡八幡宮ご奉納の太刀】(製作中)

CATEGORY最新記事
みなさん、こんにちは。

現在、薬師寺休ケ岡八幡宮は本殿の改修工事がおこなわれていますが、ご存知でしょうか。
いつも薬師寺で仏像彫刻教室を開かせていただいているご縁もあり、この度本殿に木製の太刀を復元して納めさせて頂くことになりました。
こちらの御神体は、僧形八幡神、神功皇后、仲津姫命(なかつひめのみこと)の三柱の平安時代初期の神像で、国宝に指定され現在は奈良国立博物館に寄託されています。

今回復元させていただいている木製太刀の原型も平安時代のもので、本殿より発見されたものです。
細身で美しいラインを再現するのに苦労しています。



漆塗で仕上げた後、金具部分は金箔をおして仕上げる予定です。
仏さま以外のものを造らせていただくのも、また貴重な体験となっております。
また、出来上がりましたらご報告させていただきますね。

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply