奈良 大阪 仏像 彫刻教室 仏像彫刻折上

奈良仏師 折上稔史の日記。作品紹介、教室案内、展覧会の案内等

CATEGORY

category: 最新記事  1/18

仁王像無事納めました

奈良仏師の折上稔史です。先日2年ほどかけて制作した仁王像を福島県の真言宗室生寺派真浄院様に無事納める事ができました。自分でトラックをレンタルして積み込み、12時間ほどかけて福島まで運びました。お手伝いして頂いた方には深く感謝いたします🙏設置した日はあいにくの雨でしたが、地元の大工さんチームのお手伝いもありなんとか濡らさず設置する事ができました。施主さんの嬉しそうなお顔がみれて本当に良かったです。なかな...

  • 0
  • 0

仁王像完成 制作をふりかえる

奈良仏師の折上稔史です六尺(約2メートル)の仁王像が先日完成しました。今の工房に引っ越して丸四年が経ちましたが、その間他の仕事と並行しながら少しずつ制作しました。今回は仁王像制作を振り返ってご紹介したいと思います。まずはじめは3分の1の大きさの雛型作りです。その雛型を元に材料の算出をして木材の仕入れをし、木曽檜の4寸角(約12センチ)を選びました。近くの製材所で機械をお借りし、木工職人の友人に手伝ってもらい...

  • 0
  • 0

ご夫婦の想いを紡ぐ阿弥陀様の話

奈良仏師の折上稔史です今月は私の仏像教室の生徒さんであるNさんについてのお話をしようと思います。Nさんは近鉄文化サロン橿原に2年ほど前から通ってくださっています。教室に通うようになったきっかけはご主人が趣味で木工をされており、ご主人が作ったお厨子の中に入れる阿弥陀様をNさんが彫って納めたいという夫婦の想いからはじめられました。ところが昨年元気だったご主人が癌により急逝されました。大変仲の良かったご夫婦...

  • 0
  • 0

今年も宜しくお願いします

奈良仏師の折上稔史です皆さん本年も宜しくお願いします今年は新年早々色々な事がおきました。特に能登半島地震はまだまだ復旧の先が見えないほど甚大な被害です。能登半島は漆器や焼き物など多くの工芸品が昔から作られています。私も職人の端くれですので、もし自分だったらと置き換えると心が折れてしまいそうだなと感じます。職人というのはいわゆるルーティンが一つでも欠けるとものづくりができません。場所、人、道具が互い...

  • 1
  • 0

今年もお世話になりました

奈良仏師の折上稔史です。早いもので今年最後の投稿となります。 せっかくなので備忘まで今年の私の仕事を振り返ってお伝えさせていただこうと思います。まず、前半は以前から制作をすすめていた薬師三尊像を無事に納めさせていただくことができました。後半は並行してすすめていた仁王像と向き合いようやくゴールが見えかけてきました。一人で最初の木の選別から木取りなどすべておこなっておりますので、ときに孤独を感じること...

  • 0
  • 0