奈良仏師折上稔史のブログ

奈良仏師 折上稔史の日記。作品紹介、教室案内、展覧会の案内等

CATEGORY

category: 最新記事  1/8

奈良・生駒の仏像彫刻教室「10月のスケジュール&体験レッスン随時受付中」  

奈良仏師の折上稔史です。現在11月の展覧会に向けて仁王像の制作をすすめています。こちらの仁王像は2尺(約60㎝)です。この仁王像をひな型に6尺の仁王像を制作させていただく予定です。筋肉の動きなどは色々な資料を集めて、今から彫りすすめていきます。さて、遅くなりましたが、10月の予定をお知らせ致します。[生駒教室]生駒南コミュニティセンターせせらぎ〒630-0223 奈良県生駒市小瀬町18http://www.city.ikoma.lg.jp/000...

  • 0
  • 0

大峯山登拝。修験道の聖地へ。

大峯山登拝当日、朝から長谷寺僧侶のであるTさんが合流し、先達をお願いして、山頂を目指しまします。洞川温泉の奥にある女人結界門の前でまず法螺貝を吹き鳴らし、お清めをしてから入山しました。イケメン僧侶で有名な方ですので、やはり絵になります。色々と考え装備を整えたつもりでしたが、もう少し軽量化すれば良かったなと思いました。当日は雨は降ってはいないものの、靄がかかっており湿度が非常に高かったです。登り始め...

  • 0
  • 0

大峯山登拝

奈良仏師の折上稔史です。先日念願の大峯山に登拝しました。昨年も同じメンバーで登る予定でしたが、私の雨男っぷりが発動し、大雨で断念した苦い思い出があります。昨年の記事前日から前乗りして洞川温泉に宿泊しましたが、連休中ということもあり大変な賑わいでした。龍泉寺でお参りした時に「水行もしとく??」みたいな軽いノリでお寺に確認したところ。すんなり許可していただきましたので、水行もさせていただきました。あま...

  • 0
  • 0

奈良・生駒の仏像彫刻教室「7月のスケジュール&体験レッスン随時受付中」

奈良仏師の折上稔史です。関西でもようやく梅雨入りし、非常に鬱陶しい時期ですね。私も梅雨は一年のうちで最も苦手な時期です。しかしながら、漆塗という点では梅雨は良い面もあります。彩色などに漆を使いますが、漆は水蒸気と化学反応して硬化する特徴があります。そのため乾燥する時期はなかなか乾かないのですが、湿度の高いこの時期は湿度が足りなくて漆が乾かないという心配がありません。そのため、下地の漆を塗るのには適...

  • 0
  • 0

奈良・生駒の仏像彫刻教室「6月のスケジュール&体験レッスン随時受付中」

奈良仏師の折上稔史です。先日三重県のあるお宮の御神体を修復させて頂きました。御神体のためお預かりする事は出来ず、三重の先様で数日かけて作業いたしました。出張修復という限られた時間での作業は、いつもと違う緊張感と集中力での修復でした。仏様の修復は何度かさせていただいておりますが、御神体を修復するは初めてでしたので、たいへん貴重な経験をさせていただきました。このように神様のおそばで仕事をさせていただき...

  • 0
  • 0