FC2ブログ

最近の仏さま修理など

2019年02月11日
みなさん、こんにちは。
暦のうえでは立春を過ぎたというのに、また寒さがぶりかえしています。
今日の奈良は小雪がちらほら。今年は暖冬だったので、寒さがこたえます。

しばらくブログを放置してしまい申し訳ございません。
Twitterで少しお伝えしているのですが、近況をまとめてお伝えさせていただきます。

まず、こちらは手向山八幡宮様のご依頼で彫らせていただいている狛犬です。

手乗りサイズのとてもかわいい狛犬で私も非常に気に入っています。
細かなところまで丁寧に心をこめて彫らせていただいています。
お問合せもいただいているようで、とても嬉しいことです。

次に、先日修理させていただいた阿弥陀如です。

平安初期の仏さまです。
今回は、現状維持ということでしたので、洗浄と部分的な補修をさせていただきました。
平安期の仏さまを触らせていただくのはなかなかない機会でしたので、大変貴重な経験をさせていただきました。

最後に、こちらは現在修復中の仏さま。

鎌倉期の不動明王です。
こちらの修復には麦漆という小麦粉と漆を混ぜたものを使用しています。

化学系の接着剤もあり、場合によりそちらが適していることもございますが、できるだけ自然の木屑漆を使用するようにしています。
何百年も前から使用されたきているという実績が、この先何百年も仏さまをささえてくれるという安心感につながります。
何百年先にこの仏さまを修復してくださる仏師の方々に恥ずかしくない仕事をしなければ、と日々心掛けています。
スポンサーサイト

不動明王の修理

2019年02月08日
‪鎌倉期の不動明王の修理をしています。‬‪素晴らしいお像でいちいち感動しながら作業しています。‬
‪接着は麦漆という小麦粉と漆を混ぜたものを使用します。‬

‪麦漆は正倉院御物にも使われており、螺鈿細工の接着や乾漆像など、昔から最強の接着剤として多く使用されています。‬

 | HOME |