FC2ブログ

春日大社に納めた獅子・狛犬の事が産経ニュースWeb版に掲載されました

2015年09月30日
【春日大社大修理】調度品の新調、匠の技 艶めく螺鈿細工
http://www.sankei.com/west/news/150917/wst1509170059-n1.html
産経新聞 2015.9.23 07:00

 奈良の文化といえば過去の「遺産」が強調されがちだが、「生きた文化」も脈々と息づいている。その一つが、春日大社で行われている20年に1度の社殿修理「式(しき)年(ねん)造(ぞう)替(たい)」を支える匠の技だ。数々の調度品も一新され、なかでも神(しん)饌(せん)(神に供える酒食)を載せる机である「八(はっ)足(そく)案(あん)」は8本の脚に正倉院宝物にもみられる貝殻を使った装飾技法「螺(ら)鈿(でん)」を施した華麗な品。黒漆(うるし)に浮かぶ虹色の艶めきが人を、神を魅了する-。(岩口利一)

 思いのほか大きく、色鮮やかな朱漆塗りの天板。それを支えるのは曲線が優美な、その名も「鷺(さぎ)足」の8本で、それぞれに施された花菱形で乳白色の螺鈿細工は光によってさまざまな色に変化しながらきらめく。


調進された八足案の鷺足に施された螺鈿=奈良市の春日大社

 重要無形文化財保持者(人間国宝)の漆芸家、北村昭斎さん(77)=奈良市=によって調進された八足案(縦45・5センチ、横89・5センチ、高さ43・5センチ)。螺鈿に使われるのは夜光貝で、切り抜かれる微細な文様の数は1基で900個以上、制作された5基(本殿4棟と摂社・若宮神社)だと計約4600個にものぼるというから驚きだ。

 八足案は、春日大社で毎月1日、11日、21日に行われ、平安時代末から宮中の作法を伝えるという「旬(しゅん)祭(さい)」にだけ用いられる机。神饌は季節の野菜・果物や魚、米、酒に唐菓子のぶとなどで、日の丸盆に分けて運び、八足案の下に敷かれた打敷に置いた後、案の上に1品ずつ丁重に並べ、神に勧める。つまり、八足案は重儀で神に給仕するための大切な机で、装飾も凝るわけだ。

 □   □ 

 「優美な8本の鷺足がある特異な形で、手の込んだ螺鈿が施され、しかも金具も豪華」。北村さんは八足案の美をそう説明する。

 螺鈿は中国・唐で流行し、「螺(ら)鈿(でん)紫(し)檀(たんの)五(ご)絃(げん)琵(び)琶(わ)」や「平(へい)螺(ら)鈿(でん)背(はいの)八(はっ)角(かく)鏡(きょう)」など舶来とされる正倉院宝物にみられる。技術が伝わり、次第に和風化。春日大社には平安時代の「金(きん)地(じ)螺(ら)鈿(でん)毛(け)抜(ぬき)形(がた)太(た)刀(ち)」(国宝)や「蒔(まき)絵(えの)箏(こと)」(同)などが残る。

 そんな千数百年前に伝来した螺鈿の技が生かされる八足案。神聖な造替であるため玄関と作業場にしめ縄を張っての作業で、「清らかな気持ちで取り組んだ」と北村さん。
 
 使う夜光貝は厚さ約1ミリの「厚貝」で、「薄貝」に比べて切るのが難しいが、「輝きに深みがある」とプロの目には違いが分かる。制作では、文様を写した紙を貝の板に貼って糸ノコで慎重に切る。そしてその文様を彫り込んだ木地に接着させ、黒漆を塗ったうえで研いで光沢を出すのだ。脚部は曲面も多く、かなり複雑。極めて細かな作業で、高度な技術が求められ、5基は3年ほどかけてようやく完成した。

 「20年に1度ご造替がある限り、私たちも仕事を続けていかねば」。神前で使われる祭具は熟練した技と心意気から生まれた名品でもある。

 □   □ 

 今回の造替で制作されるのはほかに神饌を供えるための四(し)脚(きゃく)机(き)や高(たか)杯(つき)、日の丸盆、さらに本殿につる御(み)簾(す)があり、装束や薦(こも)(むしろ)も含めると200点以上。造替は祭礼の衣食住に関わる大事業なのだ。

 もう一つ注目したいのは、数百年ぶりに新しくなる本殿の扉前左右に安置する魔除けの狛(こま)犬(いぬ)。正式には「獅(し)子(し)・狛犬」という。南都仏師、矢野公祥さん(68)=奈良県生駒市=が制作した像(高さ、奥行き約40センチ、幅約30センチ)を見せてもらうと、右は口を開けた阿(あ)形(ぎょう)の獅子で金と緑の彩り、左は口を閉じた吽(うん)形(ぎょう)の狛犬で角があり、金と青が色鮮やか。この派手さならきらびやかな本殿にも負けず存在感があるだろう。

 おなじみの狛犬のルーツ、実はかなり古い。古代に朝鮮半島から伝わり、たてがみからも想像できるが、もとは2頭のライオンだったらしい。それが清少納言の「枕草子」でも御殿の調度品として登場するように、平安時代に獅子・狛犬となったという。

 狛犬というと石造を思い浮かべるが、屋内に置かれた往時の像は木造で、春日大社のものもそう。今回の素材は二之鳥居に使われていた江戸時代末のヒノキ材だが、古材ゆえの難しさもある。節やひび割れを解消したうえで彫らなければならないのだ。さらに5対は微妙に異なる。1対に1年ほどを要し、5対だと5年…。本殿の4対は完成させたが、来秋までに若宮神社の1対を制作する。「これほど手間がかかるとは思わなかったが、ご造替を手伝わせていただくのは名誉なこと」と矢野さん。身を清らかに保つため四つ足の肉を食べずに彫り続けてきた。

 新たに生まれた獅子・狛犬を目にしたうえで、「春日権現験記絵」(鎌倉時代)に描かれた本殿に、同じような像が置かれているのを見つけると、古(いにしえ)と今日がしかとつながったよう。後世も矢野さんのような匠によって神前を守る霊獣は伝えられていくことだろう。
スポンサーサイト
 | HOME |